マーケティング領域で起業する際にオススメの本3選

マーケティング領域で起業する際にオススメの本3選:はじめに

こんにちは、佐々木です。

今回は起業するなら読んだ方がいい本3選というテーマでお話したいと思います。

以前マーケティングでオススメの本3選というのをやっているので、マーケティングでオススメの本が気になる方はコチラをご覧ください。

自分は本をよく読んでいて、年間100冊くらいは読んでいました。(最近はあまり読めていませんが)
そして基本はリアルな書籍派です。
ただ、家の本棚が大きくないので、読んだ本は基本は捨てるか中古で売ってしまいます。
そんな中でも「この本は手元に残しておきたい!」と思った本たちが本棚に残っていて、その中でも厳選したものを今回はご紹介したいと思います。

自分のオススメ本の基準ですが
①実体験を元にしたストーリーになっているか
②ハードシングスを経験したものになっているか
③ずっと記憶に残っている本かどうか
という基準で選んでいます。

そして今回選んだ本たちはいわゆる「ノウハウ本」ではなく、「ビジネス小説」のような本なので、昨今流行りの本の要約動画や要約サイトでは得られない感動を体験できるものをチョイスしています。
なので、できれば巻頭から巻末までを読むことをオススメしたいです。

かなり主観ですが、これから起業を考えられている方には参考になると思うので、ぜひ最後まで見てください。

 

マーケティング領域で起業する際にオススメの本3選

①苦しかったときの話をしようか

1つめは森岡毅さんの「苦しかった時の話をしようか」です。

著者の森岡毅さんは
P&Gで北米パンテーンのブランドマネージャー、ウエラ副代表を経て、USJの再建をされた後、ご自身で刀というマーケティングコンサル会社を起業された方です。

森岡さんの著書は基本的には実体験に基づいていて、それをストーリー調に書かれているので非常に読みやすいです。
また、書籍からでも森岡さんの性格や熱量が伝わってくるくらい、熱のこもった文章を書かれています。

今回ご紹介する本は森岡さんの過去の成功体験を書かれる書籍とは違って、どちらかと言えば失敗した体験を書かれている本です。

この本では
自分の強みの見つけ方、
森岡さんがアメリカで営業部長と大喧嘩した話
森岡さんが新人時代、電話が取れなくなった話
など、今大成功されている森岡さんでもこんな苦しみがあったんだ!
と励みになる内容がたくさん書かれています。

自分自身、本当に苦しかった時期にこれを読んで、あの森岡さんでもこんな苦しい時期あったんだ!
と自分を鼓舞できた経験があります。

起業は苦しい事もたくさんあるので、偉大な成果を残した人でも、誰でも苦しい時期はあるんだと、参考にして頂けるかもしれません。

②渋谷ではたらく社長の告白

2つめはサイバーエージェントの藤田社長の「渋谷ではたらく社長の告白」です。

著者の藤田晋さんはサイバーエージェントの創業者で、当時の最年少上場を記録した人物として有名ですよね。
22年実績で7100億の売上の会社を1代で築いたその軌跡は起業家ならだれもが読むべきものだと思います。

この本はまだ起業前の大学生のころから、黒字化をして、ネットバブル時の株価に戻るまでの軌跡が描かれています。

書かれている内容も、とてもリアルで、
・当初は3人で起業を考えていたが、意見が割れて、自分ひとりで起業をしたこと
・上場後、大量採用したものの、社員がたくさん辞めていってしまったこと
・赤字期間の会社の実態
などが藤田社長の生の経験を元に書かれています。

自分自身、この本を読んだ当時は、まだ会社員で起業はしていなかったですが、この本からはたくさんの学びを得ました。

・仕事の能力や結果を出すにはハードワークしかない
⇒藤田社長も創業時は土日も休みなく、かなりのハードワークをされていたようです

・仲間の大切さ
⇒お金や売れるサービスも大事だが、最後に大切なのは仲間

など、いつか起業したい!と考えていた自分にとっては学びがたくさんあった本でした。
(そして今この記事を書きながらもう一度読み直そうと思っていますw)

起業したいと思っている方は、飾らない起業のリアルをかいま見ることができるので、ぜひ一度読まれることをオススメしたいです。
自分も起業をすることへの腹のくくり方がこの本を読んで変わりました。

③不格好経営

https://www.amazon.co.jp/%E4%B8%8D%E6%A0%BC%E5%A5%BD%E7%B5%8C%E5%96%B6-%E3%83%81-%E3%83%A0DeNA%E3%81%AE%E6%8C%91%E6%88%A6-%E5%8D%97%E5%A0%B4%E6%99%BA%E5%AD%90/dp/4532318955

3つめはは南場智子さんの「不格好経営」です。

著者の南場智子さんはマッキンゼーのパートナーからDeNAを創業され、上場まで導かれた方で、現DeNA会長です。

この本では南場さんがいわゆる「エリート」から起業し、
泥臭く戦い抜いて、上場まで行く姿が描かれていて、
藤田さんの本とは一味違った面白さがある本です。

この本では、
・創業時にメンバーを集めていく様や、その最中でのヤフー・楽天との戦いの苦難
・上場に至るまでの過程とその前日の事件
・旦那さんの看病を機に社長を引き継ぐ様
などが南場さんの経験を元に知ることができます。

自分自身割と頭でっかちになりがちではあるので、
コンサルから起業を選ばれた南場さんのご苦労を学べたのは大きかったです。

また、自分の私生活と仕事の優先順位やどちらをどのタイミングで優先するかなどは非常に学びの多い本でした。

あと語り口ユーモアが溢れているので、飽きずに読めるというのもオススメの点です。

この本は起業のスタート当初もそうですが、その後の体制をどう整え、どう組織を進化させていくか、ということがたくさん学べる本なので、
そのフェーズで苦しまれている方はぜひ読んでみるべきたと思います。
また、今後起業を考えている方も、いずれはぶち当たる壁なので、今のうちから学ばれることをオススメしたいです。

まとめ

今回は起業するなら読んでおくべき本3選というテーマでお話をさせて頂きました。

まとめると、起業するときに読んでおくべき本は
①苦しかったときの話をしようか(森岡毅)
②渋谷ではたらく社長の告白(藤田晋)
③不格好経営(南場智子)

の3つでした。

どれもストーリー仕立てで書かれていて、いわゆるノウハウ本とは一線を画していて、学びが多いですし、何より面白いので、興味持たれた方はぜひ読んでみてください!

弊社ではマーケティング領域のパートナー様も募集中です。弊社との協業に興味がある方は、下記からお問い合わせをお願いいたします。

お問い合わせ

また、公式ラインも始めました!
この公式ラインでは、YouTubeやホームページでは公開していない、ディープなマーケティング情報について発信しています。
そして今なら、登録特典として、
月商別(1000万、5000万、1億、5億) の壁とその乗り越え方のPDF
を無料配布しております。

※特典内容イメージ↓

 

ご興味ある方は、ぜひご登録ください!

 

また、本だけではなく、YouTubeもオススメです。オススメのチャンネルは下記に載せていますので、こちらも併せてご覧ください。

起業家、マーケターにおすすめのYouTube3選

本日は以上です。